溶融塩浴流動粒子カソードプロセスによるCO2からの機能性炭素材料の生成と形態制御

夏井 俊悟
(北海道大学 大学院工学研究院 助教)

2017年4月24日月曜日

2017JapanPrize祝宴会の舞台裏

 遅ればせながらですが、日本国際賞の授賞式ならびに祝宴会に参加させていただきました。天皇・皇后両陛下のご臨席をのもとで開催されるのはご存知の通りですが、前年度の助成対象者として、この大イベントにご招待いただくという光栄に預かることができました。このような機会を頂き、本当にありがとうございました。

 さて、ホテルニューオータニでの非常に格調高い祝宴会、当然ですがとてつもなく緊張しました。日ごろ着慣れていないブラックタイ着用、日本の中心赤坂の見事な会場、終始奏でられる弦楽五重奏の生演奏、煌びやかなシャンデリア、最高級のお料理、100人位?と見紛うウエイターさんの行列と一糸乱れぬサーブ...。シャンパンが美味しかったせいか、このような場所に立っているのだという感動に酔いしれて、記憶もおぼろげながら、時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。

 しかしながらその舞台裏では、また別な感動がありました。ウェルカムパーティの席での昨年度受賞者の皆さんと情報交換です。こんなに多くの、各学会で活躍される若手研究者と交流する機会は滅多にないです。伊東先生からはネパールでの取材研究と中央アジア国境の状況、阪本先生からはモリーユ(アミガサタケ)茸の生態とフレンチ食材としての利用、奥村先生は化学工学の若い人材の教育についての熱い想い、などなど本当に奥深いお話にあーすごいなぁ、人間の視野は交流によってこんなに広がるんだと感動しました(月並みですが本当です)。負けずに溶融金属の世界を深めていきたいです。そして皆さん家族との時間を本当に大切にしているのがわかりました(30歳付近の男子もこれでなかなか複雑な年頃ですから、意識共有できる同期友人が増えたと勝手に喜んでいます)。
 また是非どこかでお目にかかりたいと願っております。どうもありがとうございました。

 

左から鈴木先生、阪本先生、伊東先生、夏井、信川先生
(阪本先生の奥様に撮っていただいた写真です。皆さんアップしていない?ので、使わせていただきました。ご容赦…)

奥村先生と一緒に
(奥様、当日は大変お世話になり、ありがとうございました。)

0 件のコメント:

コメントを投稿